日本国国旗

在タイ日本国大使館

Embassy of Japan in Thailand

トップページ | 大使館案内 | タイ王国案内 | 日タイ関係 | 開発協力 | 日本企業支援 | 領事関連情報 | 広報文化 | タイ滞在豆知識 | 重要外交課題 | リンク | ご意見箱 | メールマガジン | サイトマップ

プレスリリース

日本政府、「コンケン県における視覚障害者のための校舎建設計画」を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「コンケン県における視覚障害者のための校舎建設計画」に総額 2,162,100バーツの支援をしました。

 

平成30年5月21日、コンケン視覚障害者専門学校において本計画の引渡し式典が執り行われ、コンケン県キリスト教視覚障害者財団のラッタナーポーン・ワッタナサップ運営委員会長、キリスト教視覚障害者財団のゴンカノック・シリウォン理事、同校のチャイヤー・ホンニー校長、そして、在タイ日本国大使館から関口昇公使他、関係者らが出席しました。

 

本計画の支援対象であるコンケン視覚障害者専門学校は2014年に、キリスト教視覚障害者財団により、タイ国最初の視覚障害者のための専門学校(商業科)として開校されました。同校には27人の生徒が在籍していますが、専用の校舎を所有していないため、視覚障害者職業訓練センター(同財団運営)の教室や寮を間借りして授業を行っています。この環境下で、生徒の学習意欲や授業の質の低下が懸念されており、喫緊に解決すべき課題となっていました。また、同校では生徒の選択の幅を広げるために、将来的な学科の拡大を検討しており、同校専用の校舎確保が急務でした。

 

この状況の下、日本政府の支援で校舎1棟を整備することにより、生徒に適切な教育環境を確保できるようになると考えられます。また、同校は日本政府の支援に加えて、盤谷日本人商工会議所(JCC)から、社会貢献活動の一環として、資機材(点字プリンター、コンピューター、机・椅子、書棚、楽器等)の支援も受けており、日本政府と日系団体が連携した効率の高い支援案件となりました。今回、日本政府は本計画により、障害者の教育水準の向上や就労機会の拡大、社会参加の促進に寄与し、人間の安全保障上の観点から、草の根・人間の安全保障無償資金協力で支援する意義は大きいと判断し、支援を決定しました。

 

日本政府は、今後も人間の安全保障のための取り組みを支援していきます。

本欄に画像を表示

お問い合わせ先

在タイ日本国大使館 経済部 草の根・人間の安全保障無償資金協力担当

  • Tel:02-207-8500 / 02-696-3000 (代表)
  • Fax:02-207-8517