大使館からのお知らせ

* ขอความกรุณาส่งมอบประกาศจากสถานเอกอัครราชทูตญี่ปุ่นประจำประเทศไทยฉบับนี้ให้แก่ชาวญี่ปุ่นด้วย

2016.3.16

タイに渡航を予定されている皆様へ(2016年3月16日現在)

今回、春休み等を利用してタイに渡航される皆様に、「旅券の管理」、「タイ入国(滞在)時の注意点」等を御紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

また、外務省、在タイ日本国大使館では、様々な安全に関する情報をホームページに掲載しております。

1. 旅券の管理 ~観光地、深夜繁華街における紛失盗難に注意!~

旅券を紛失又は盗難された場合には、紛失・盗難場所を管轄する警察に行き、通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。当館において「ポリスレポート」と申請書に基づき、「旅券」、「帰国のための渡航書」を発給することとなります。「旅券」又は「帰国のための渡航書」を受領後は、タイ入国管理局において、諸用の手続き(入国印転記、入国年月日の確認等)が必要です。

帰国便が差し迫っている場合には、タイ入国管理局及びタイ警察における手続の関係で予定どおり帰国することができなくなることがあります。フライト便の変更やホテル延泊などで、予期せぬ経済的負担を強いられることにもなりますので、旅券の保管管理には十分気をつけて下さい。

なお、警察官又は入国管理局職員に職務質問された際、パスポートを携帯していない場合、罰金や身柄を拘束される可能性もあります。

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm

2. タイ入国(滞在)時の注意点

(1) たばこ等の持ち込み

タイ物品税局では、たばこ及び酒類の不法持ち込みで当局により摘発された者に対し、高額な罰金を科しています。たばこについては、紙巻きたばこであれば200本(1カートン)、葉巻等であれば250gまで、また酒類については1リットルまで免税での持ち込みが認められます。

これら免税たばこや酒類等について、規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合、税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか、物品も全て没収されます。

タイ国政府観光庁によれば、たばこについて「他人の分を1人で持っているだけでも没収及び罰金となります。」とのことです。

(2) タイの文化、風習への理解

タイ滞在が楽しいものとなるように、タイにおける風俗・慣習を理解し、敬意を払うと共に人々に不快感を与えないよう、日本にいる時と同様、節度ある行動を常に心掛けて下さい。タイ国民の多くは敬虔な仏教徒であり、寺院及び王室等の関連施設及びその周辺における行動及び服装等については、「みだりに肌を露出する服装等を避ける。」、「粗野な行動を慎む。」等配慮が必要となります。

(3) タイ政府による再入国禁止措置の新設(2016年2月26日現在)

3月20日より滞在期間不法超過(オーバーステイ)を行ったものに対する再入国禁止期間を定めた内務大臣令が施行されますので、タイ滞在に際してはご留意下さい。

問い合わせ先

○在タイ日本国大使館領事部
  電話: (66-2)207-8502、696-3002
  FAX :(66-2)207-8511


◎在留届を提出されている方は、記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等)、または帰国による転出等があれば必ずお知らせ願います。

◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)について、現地での滞在予定を登録して頂けるシステムとして、2014年7月1日より、外務省海外旅行登録(「たびレジ外部サイトへのリンク」)の運用を開始しています。登録者は、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。

◎緊急事態が発生した際、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し、在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり、返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは、原則英国の国番号(+44)を使用し、メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。

↑ このページのトップへ戻る