海外安全対策情報(平成26年度第4四半期(1-3月))

平成26年度第4四半期のタイの治安、一般犯罪傾向等に関する情勢傾向を報告します。安全対策等を考える際の参考にしてください。

また、当館ホームページ・海外安全情報も随時掲載・更新していますので、併せてご確認ください。

1. 社会・治安情勢等「タイ深南部テロ情勢」

今期、タイ深南部(ヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県、ソンクラー県)では、イスラム武装勢力が関係すると思われる銃器、爆発物を使用したテロが、月平均約20件発生しております。

深南部のテロ発生状況は、昨年同期や年初と比較すると減少傾向ですが、依然、治安当局とイスラム武装勢力、仏教徒間の抗争が継続しており、公共施設や商業施設周辺での発砲銃撃、爆弾事件も発生しています。

つきましては、ヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県、ソンクラー県の一部(ジャナ、テーパー、サバヨーイ各郡)については、渡航の延期をお勧めします。

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?id=007&infocode=2014T109#ad-image-0外部サイトへのリンク

2. 犯罪傾向等

(1) 犯罪傾向

平成26年度第4四半期中の邦人犯罪被害として、81件の届出がありました。

バンコク都内を中心に、見せ金詐欺、 睡眠薬強盗、抱き付きスリ等が発生しています。

(2) 邦人被害事件簿

「その1・アラブ系男女による見せ金詐欺」

主に夕方から夜間にかけて、バンコク都内スクンビット通りで、夫婦を装ったアラブ系男女が、「こんばんは。日本の方ですか?」と親しげに近付いてきて、「近日中に日本へ旅行に行く予定があります。日本円を持っていたら、見せて下さい。」などと言い、現金を提示させ、隙を見て一部を抜き取ります。

「その2・睡眠薬、違法薬物利用による強盗」

古典的手口ですが、見知らぬ人から親しげに声を掛けられ、飲食を共にした際、料理、酒類、ソフトドリンク等の飲食物に、睡眠薬や違法薬物等を混入され、意識不明に陥ったところで所持品を奪われます。生命身体に重大な傷害が発生する非常に危険な事件です。

3. テロ・爆弾事件発生状況

平成26年度第4四半期中、バンコク都内で2件の爆弾事案が発生しましたが、邦人被害にかかる事件はありません。

4. 誘拐・脅迫事件発生状況

平成26年度第4四半期中、邦人被害にかかる事件はありません。

5. 日本企業の安全に関する諸問題

平成26年度第4四半期中、日本企業の安全に関する諸問題はありません。

↑ このページのトップへ戻る