日本国国旗

在タイ日本国大使館

Embassy of Japan in Thailand

トップページ | 大使館案内 | タイ王国案内 | 日タイ関係 | 開発協力 | 日本企業支援 | 日本企業向け無料法律相談 | 領事関連情報 | 広報文化 | タイ滞在豆知識 | 重要外交課題 | リンク | ご意見箱 | メールマガジン | サイトマップ

プレスリリース

日本政府「サラブリー県ムアレック郡におけるバーンラムソムプン学校の校舎建替え計画」を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「サラブリー県ムアレック郡におけるバーンラムソムプン学校の校舎建替え計画」にかかる総額2,140,900バーツの支援をしました。

 

平成29年8月17日、バーンラムソムプン学校において本計画の引き渡し式典が執り行われ、サラブリー県バンディット・テーウィーティワーラック知事、同校のパッタラポン・スラムナート校長、そして、在タイ日本国大使館から佐渡島志郎大使他、関係者らが出席しました。

 

バーンラムソムプン学校は、タイ中部のサラブリー県ムアレック郡ラムソムプン区に位置し、幼児教育から初等中等教育を提供している公立学校です。対象地域は同区内の4村ですが、他地域からも園児・児童を受け入れており、現在141名の生徒が在籍しています。

 

同校の3棟ある校舎のうち、1棟(3教室および職員室)は築35年で、老朽化が激しく、校舎を支える柱や梁、床に亀裂が入り、倒壊の危険性が非常に高い状態でした。そのため、校舎を使用する生徒や教師の安全を守るため、同校舎は2年前に閉鎖したものの、教室不足により、やむを得ず職員室は使い続けており、同校舎を利用している職員及び周辺を行き来する学生に危険が伴っていました。その上、同校舎の閉鎖により、中等教育課程の生徒は専用の教室がなく、屋外のスペースまたは床に座って授業を受けており、生徒の教育水準低下が懸念されていました。また、近年増加している小学生の生徒数に見合った机と椅子の余裕がなく、教師用の机と椅子も老朽化に伴い使用不可能になっているなど、授業の実施に支障をきたしはじめていました。

 

このような現状を受け、日本政府は、生徒および教師の安全確保および教室不足の問題解決のためには、校舎の建替えおよび机・椅子や教材棚などの資機材を支援することで、はじめて適切な教育環境が整うことになると判断し、草の根・人間の安全保障無償資金協力による支援を決定しました。今回の支援で、当学校における教育環境が確保されることにより当該地域における教育効果の向上が期待されます。

 

日本政府は、今後も、教育環境の改善のための取り組みを支援していきます。

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

お問い合わせ先

在タイ日本国大使館 経済部 草の根・人間の安全保障無償資金協力担当

  • Tel:02-207-8500 / 02-696-3000 (代表)
  • Fax:02-207-8517