日本国国旗

在タイ日本国大使館

Embassy of Japan in Thailand

トップページ | 大使館案内 | タイ王国案内 | 日タイ関係 | 開発協力 | 日本企業支援 | 日本企業向け無料法律相談 | 領事関連情報 | 広報文化 | タイ滞在豆知識 | 重要外交課題 | リンク | ご意見箱 | メールマガジン | サイトマップ

プレスリリース

日本政府、マハーサラカーム県ポーチャイ区における給水車整備計画を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「マハーサラカーム県ポーチャイ区行政機構給水車整備計画」にかかる総額2,510,000バーツの支援をしました。

 

平成30年4月25日、マハーサラカーム県ワーピーパトゥム郡ポーチャイ区において本計画の引渡し式典が行われ、被供与団体であるポーチャイ区行政機構のサムリアン・ジュラシー区行政機構長およびマハーサラカーム県のウィッタヤー・マークパーン副知事、そして在タイ日本国大使館から福島秀夫次席公使他関係者が出席しました。

 

ポーチャイ区は、タイ東北部のマハーサラカーム県に位置しており、主産業を農業としている人口4,567人(12村、1,161世帯)、面積28km²の地域です。当地は地理的要因から稲作は雨期の年1度しかできず、その他農業用水が少なくても栽培できる作物を中心に生産しているが、乾期は農業ができないため他県への出稼ぎによって収入を得ています。

 

ポーチャイ区行政機構は、近年住民の生活に甚大な影響をもたらしている渇水被害に対して、水供給事業を計画してきましたが、給水車を所有しておらず、近隣の区も渇水被害にある状況で給水車の支援を受けることもできませんでした。また、地下水も一部地域では塩分濃度が高く生活用水に使えない状況から、本来地方自治体として支援すべき生活用水を住民が自己負担にて対処せざるを得ず、結果として住民の経済的負担が深刻化している問題に直面していました。加えて、乾期の森林火災も多く、早急な給水支援機能の増強および消火活動体制の整備が必要とされてきました。

 

このような現状を受け、日本政府は、給水車1台を整備することで住民の基本的な生活を守ることができると判断し、草の根・人間の安全保障無償資金協力による支援を決定しました。今回の支援で、ポーチャイ区の住民の渇水による生活用水不足の問題や水購入による経済的負担の軽減が可能となることに加え、森林火災時の消火活動にも活用することができ、住民が安心して暮らせる生活基盤の確立が期待されます。

 

日本政府は今後も、人間の安全保障のための取り組みを支援していきます。

本欄に画像を表示

お問い合わせ先

在タイ日本国大使館 経済部 草の根・人間の安全保障無償資金協力担当

  • Tel:02-207-8500 / 02-696-3000 (代表)
  • Fax:02-207-8517