プレスリリース

2019/10/31

日タイ・パートナーシッププログラム(JTPP)(フェーズ3)署名式

31日、佐渡島志郎駐タイ大使とジェサダー・ガタウェティン・タイ外務省副次官(MR. JESDA KATAVETIN, Deputy Permanent Secretary, Ministry of Foreign Affairs of the kingdom of Thailand)との間で、日タイ間の第三国協力の枠組みである「日タイ・パートナーシッププログラム(JTPP)(フェーズ3)」の署名式典が行われました。

 

JTPPは1994年に日タイ間で覚書を交わし、日タイ両国が協力してメコン諸国へ技術協力を実施していくための枠組みとして始まり、2003年に対象をメコン地域外にも広げるため、JTPP(フェーズ2)として改訂しました。これまで、JTPPおよびJTPP(フェーズ2)に基づき、JICA及びタイの実施機関との間でASEAN諸国等への第三国研修や専門家派遣を実施してきました。

 

今回、JTPP(フェーズ3)の覚書署名により、これまでの協力に加え、共同セミナー、共同研究、インフラ案件での協調融資等、第三国を対象にした新規の協力を追求していくことが可能となります。

 

我が国としては、JTPP(フェーズ3)を通じて、日タイ間の第三国協力を推進し、ASEANの持続可能な開発に貢献していく所存です。

お問い合わせ先

本件に関するご質問・お問い合わせにつきましては、下記担当者までお願いいたします。

在タイ日本国大使館経済部:崎谷 02-696-3000(内線511)