在留届の取扱いの変更に関するお知らせ

平成25年11月6日

1. 平成26年(2014年)4月1日より、在留届の「滞在期間」欄にご記載いただいている「滞在終了予定期間を1年以上過ぎた在留届」については、一定の確認手続の後、「転出」扱いとなる場合がありますので、お知らせいたします。
 今回の変更は、旅券法施行規則の改定により、テロや大規模災害等の緊急時に、当館から在留邦人の皆様に対する情報発信や安否確認の作業を効果的に行えるよう、在留届のデータをできる限り、実態に即したものとしていくことを目的として行われるものです。

2. すでにご案内しております通り、当館におきましては、例年10月に在留の確認調査を実施しています。この調査は、在留届を提出された際に連絡先としてEメールアドレスを登録された方に対して実施しているものです。
 Eメールアドレスを登録されていない方におかれては、できるだけ、Eメールアドレスを追加登録して頂きますようお願い致します。また、在留届に記載されている連絡先(電話番号、Eメールアドレス)に変更がある方についても同様に変更手続をしていただきますようお願いいたします。

3. 帰国またはタイ国外に転出されることとなった場合には、「在留届の抹消届」の提出をお願いいたします。

《在留届様式PDF》PDF

《記入例PDF》PDF

【問い合わせ先】

↑ このページのトップへ戻る