大使館からのお知らせ

2021/4/12

在タイ日本国大使館現地職員の新型コロナウイルス感染症への感染

  1. 4月8日、在タイ日本国大使館現地職員(運転手)が、新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されました。

  2. 同職員は、現在、症状は落ち着いており、当地医療施設にて療養中です。なお、同職員との濃厚接触の疑いのある職員については、PCR検査の結果、全員の陰性が確認されており、現在、自宅隔離の上、経過観察を行っています。同職員は、先に感染を発表した梨田和也駐タイ日本国特命全権大使との接触はなく、タイの保健当局によれば、レストランでの友人との食事で感染したとのことです。

  3. この結果、在タイ日本国大使館の感染者は2名となりました。なお、一部報道で大使館の日本人職員8名が感染と報じられましたが、右は事実ではありません。

  4. 在タイ日本国大使館としては、館内の消毒を行うとともに、基本的にテレワーク体制を導入しています。現在、バンコクを含めタイでは新型コロナウイルス感染症が急速に拡大していますが、大使館としては、邦人保護を含む通常業務に支障がないよう、引き続き、感染予防、感染拡大防止策等に関して必要な対策を講じて参ります。