大使館からのお知らせ

2021/11/24

タイから日本に入国する皆様へ(必ずご確認ください)日本に入国する際に検査証明書の提出が出来ない方は入国が拒否されます

  • 9月27日、日本において新たな水際対策措置が決定され、10月1日午前0時以降に入国・帰国される方より実施されます。
  • タイから日本への入国・帰国に際して、有効なワクチン接種証明書を保持する方については、入国後14日目までの待機期間中、入国後10日目以降に改めて自主的に受けた検査(PCR検査又は抗原定量検査)の陰性結果を厚生労働省に届け出ることにより、残りの期間の自宅等での待機を求めないこととしました。
  • 日本への入国・帰国の際には、以下リンク先のQ&Aをご一読頂くとともに、最新の情報に御留意願います。
    自宅等待機期間等の短縮について(Q&A)
  • 本件措置の対象となるワクチン接種証明書等について、以下のホームページ等を御確認ください。
    海外から日本への入国に際し有効と認めるワクチン接種証明書について(2021年9月27日現在)( https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificate_to_Japan.html
  • 本措置についての詳細は以下のリンク先をご確認ください。
    (PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C128.html
 

ワクチン接種証明書保持者に対する日本入国・帰国後の待機期間について

 

1 待機期間短縮の対象となる方は下記(1)から(5)のいずれにも該当する方です

  1. 令和3年10月1日午前0時以降に入国・帰国される方。
  2. 接種したワクチンが、ファイザー、アストラゼネカ及びモデルナのいずれかであること。
  3. (2)のワクチンを、2回以上接種していることが確認できること。また、異なるワクチンを接種した場合も、2回とも(2)のいずれかのワクチンを接種していること。
  4. 2回目のワクチン接種日から、14日以上経過していることが確認できること。
  5. 入国後10日目以降に改めて自主的に受けたPCR検査又は抗原定量検査の陰性の結果を厚生労働省に届け出た方。
 

2 タイから日本への入国に際し有効と認めるワクチン接種証明書は以下のとおりです。

(1)タイ
  • タイ保健省発行の海外渡航のためのワクチン接種証明書(いわゆるワクチンパスポート)(COVID-19 CERTIFICATE OF VACCINATION)
  • タイの医療機関発行のワクチン接種証明書(THAILAND CERTIFICATE OF COVID-19 VACCINATION)
(2)日本
  • 日本政府又は地方公共団体により発行された新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書)
  • 日本の地方公共団体により発行された新型コロナウイルスワクチン予防接種済証
  • 日本の医療機関等により発行された新型コロナワクチン接種記録書
 
3 入国後10日目以降に受けていただく検査は、PCR検査又は抗原定量検査のみ有効です。抗原検査キットについては、無症状者への検査は適さないとされており、認められません。なお、自費でのPCR検査・抗原定量検査を提供している検査機関については、以下の厚生労働省ホームページを御参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-jihikensa_00001.html
 
4 待機期間短縮の流れや陰性結果の届出方法等は、以下の厚生労働省ホームページを御参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00307.html             

5 本件お問合せ先
厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
 

お問い合わせ先

在タイ日本国大使館領事部

電話:(66-2)207-8500、696-3000

FAX :(66-2)207-8511

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)専用直通電話:(66-2)207-8502

所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
          (ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

◎在留届を提出されている方は、記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等)、または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。

◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は、外務省海外旅行登録(「たびレジ 外部サイトへのリンク」)を、ぜひ活用してください。登録者は、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。

   

◎緊急事態が発生した際、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し、 在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり、返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは、原則タイの国番号(+66)を使用し、メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。