プレスリリース

2020/11/11

日本政府、「ナコンラチャシーマー県コーククラーン区行政機構における多目的給水車整備計画」を支援

2022A
2022B

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「ナコンラチャシーマー県コーククラーン区行政機構における多目的給水車整備計画」にかかる総額2,509,500バーツを支援しました。

 

令和2年11月11日、ナコンラチャシーマー県プラタイ郡コーククラーン区において本計画の引き渡し式典が行われ、ナコンラチャシーマー県のブーンショーブ・タヨームマイ地域振興開発部長、コーククラーン区行政機構のソンウォン・ナームノン行政機構長、そして在タイ日本国大使館から梨田和也大使他関係者が出席しました。

 

コーククラーン区は、タイ東北地方にあたるナコンラチャシーマー県プラタイ郡に位置する、面積39km2、人口約6,000人の区です。主産業は農業ですが、タイの中では降水量が少ない地域で特に近年は異常気象により乾季の干ばつ被害が深刻になっています。

 

区内各集落には貯水池がありますが、干ばつ時は小規模の水源が枯渇し、住民の生活全体に影響しています。乾燥で火災が起こりやすく、火が広がりやすい環境にあり、また日常生活においては食材や食器の洗浄、手洗い・洗身などの清潔保持、トイレの水洗などに使用する水を制限しなければならず、長期間家庭用水瓶で貯水すると虫が発生することもあり、不衛生な生活を強いられています。

 

渇水時には、区行政機構と住民から成る防災チームが大きな水源から水を運搬して生活用水の供給や消火活動を行っていますが区行政機構は給水車を所有しておらず、必要時には郡内に2台のみある給水車を他の行政機構から借りて活動していました。しかし、周辺地域も同様に干ばつ被害を受けており、火災時の迅速な消火活動と十分な生活用水の供給が行えていませんでした。

 

このような状況を受け、日本政府はコーククラーン区行政機構に給水車1台を整備することにより、コーククラーン区とその周辺地域の消火活動と生活用水供給を適切に行う環境が整うと判断し、支援を行いました。今回の支援により、住民の生活の安全性向上が期待されます。

 

日本政府は今後も、草の根・人間の安全保障無償資金協力を通じて人間の安全保障のための取り組みを支援していきます。

お問い合わせ先

在タイ日本国大使館 経済部 草の根・人間の安全保障無償資金協力担当

  • Tel:02-207-8500 / 02-696-3000 (代表)
  • Fax:02-207-8517