プレスリリース

2021/8/3

タイおける新型コロナ対応のための緊急無償資金協力

8月3日、日本政府は、タイにおける新型コロナウイルス感染症の急拡大を受けて、約180万ドル(約1.95億円)の緊急無償資金協力を実施し、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)を通じて、コロナ患者のための酸素濃縮器775台を供与することを決定しました。

 

日本政府は、新型コロナウィルス感染症の危機に直面するタイに対し、7月9日にアストラゼネカ・ワクチン約105万回の贈与を行った他、ワクチンの輸送・保管に必要なコールド・ チェーンの整備や検査体制強化や治療薬開発に向けた支援を実施しています。

 

日本は、我が国の「戦略的パートナー」であるタイの新型コロナウイルスの感染状況の緩和・収束に向けた努力を後押ししていきます。

 

[参考]これまでのタイにおける日本の新型コロナ関連支援(別紙)