大使館からのお知らせ

2022/5/12

日本での一時帰国ワクチン接種事業(接種実施日の変更)

羽田空港及び成田空港で実施している一時帰国ワクチン接種事業について、6月13日(月)より接種実施日が以下のとおり変更されますので、お知らせします。

予約方法を含め詳細は、外務省海外安全HP  をご参照ください。

 

1. 満12歳以上を対象とした接種(1回目・2回目接種)

(1)ファイザー

  • 羽田空港国際線(第3)ターミナル:6月12日までは毎日実施。
        6月13日以降:週5日(月・火・木・金・土)実施。
  • 成田空港第1ターミナル:6月12日までは週3日(月・土・日)
        6月13日以降:週2日(月・土)実施。
  • 成田空港第2ターミナル:6月12日までは週3日(水・金・日)実施。
        6月13日以降:週2日(水・金)実施。

(2)アストラゼネカ

  • 羽田空港国際線(第3)ターミナル:6月12日までは週1日(日)実施。
        6月13日以降:週1日(土)実施。
  • 成田空港第1ターミナル:6月12日までは週1日(日)実施。
        6月13日以降:週1日(土)実施。
  • 成田空港第2ターミナル:6月12日までは週1日(日)実施。
        6月13日以降:週1日(水)実施。

2. 満12歳以上を対象とした追加接種(3回目接種)

(1)ファイザー(注:アストラゼネカは追加接種では使用しません)

  • 羽田空港国際線(第3)ターミナル:6月12日までは毎日実施。
        6月13日以降:週5日(月・火・木・金・土)実施。
  • 成田空港第1ターミナル:6月12日までは週3日(月・土・日)実施。
        6月13日以降:週2日(月・土)実施。
  • 成田空港第2ターミナル:6月12日までは週3日(水・金・日)実施。
        6月13日以降:週2日(水・金)実施。

3. 小児接種(5歳~11歳を対象とした1回目・2回目接種)

(1)小児用ファイザー(本対象者の接種には保護者の同伴が必要となります)

本接種の日程は6月13日以降も変更はございません。

  • 羽田空港国際線(第3)ターミナル:週1日(木)実施。
  • 成田空港第1ターミナル:週1日(月)実施。
  • 成田空港第2ターミナル:週1日(金)実施。

○本事業で接種を希望される方は、日本入国時の水際対策として実施している待機措置の状況にも留意しつつ、接種間隔を考慮して渡航予定・計画を立てた上での予約をお願いいたします。なお、タイから日本への入国時の現時点での水際措置は、以下の大使館お知らせをご参照ください。

 

4. 本事業に関するお問い合わせ先

(1)電話

  • 日本国内からかける場合:03-6633-3237(有料)
  • 海外からかける場合:(+81)50-5806-2587(有料)又はSkype上でmofa-vaccine-QA@asiahs.com(無料)
        (日本語:月曜~日曜8時~20時(日本時間)、英語:月曜~金曜9時~18時(日本時間))

(2)メールアドレス:mofa-vaccine-QA@asiahs.com

 

在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続き3密(密閉、密集、密接)の回避・マスクの着用・手洗い等の励行に努め、感染予防に努めてください。なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。

 

お問い合わせ先

在タイ日本国大使館領事部

電話:(66-2)207-8500、696-3000

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)専用直通電話:(66-2)207-8502

所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
          (ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

◎在留届を提出されている方は、記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等)、または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。

◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は、外務省海外旅行登録(「たびレジ 外部サイトへのリンク」)を、ぜひ活用してください。登録者は、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。

   

◎緊急事態が発生した際、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し、 在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり、返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは、原則タイの国番号(+66)を使用し、メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。